陸空マイラー入門中(^^♪窓際な時間の有活日記

58歳、再就職4年目、年収400万、定年後に充実した空旅をするため、マイレージ集めと軍資金50万円でSFCにチャレンジしています

「ANA VISA ゴールドカード」の国内線遅延補償請求をしてみました

9月半ばの3連休で日本中に猛威を振るった台風18号のときのお話です

 

ANAブロンズステイタス歴3か月で羽田空港起点のSFC修行の身の小生は、

台風が北海道に上陸した9月17日、その日に函館におりました

 

夫婦と娘の3人で1泊2日で函館で秋の味覚と見どころを満喫する2か月以上前からの計画です

 

往路は現地でのレンタカーの運転があるためJALのクラスJ

帰路はゆったりと呑みながらということで、ANAのプレミアムクラスを予約しておりました(妻、娘は初プレミアムクラス♪なのでここは大奮発!!)

f:id:mile_stone:20171008141451j:plain 

函館に16日の朝一番で到着し、朝市、赤レンガ倉庫、五稜郭などの定番の観光スポットを一巡りし湯の川温泉の宿に夕方チェックインしました

その日の19時にANAからメールがあり、

台風により明日午後の搭乗予定便欠航となったと、早々に連絡がきてしまいました

 

翌々日からは家族全員仕事があるので何としてでも、明日中に羽田まで帰らなければなりません

(窓際な小生は休んでも仕事に大した支障はないのですが・・・)

 

小生だけ食事やお風呂はそっちのけで、振替便の手配を始めました

すぐにANAブロンズデスクに電話をしました

何度掛けても繋がらず最後まで役には立ちませんでした

同時に満席表示で入力ができない未だ欠航が決まっていない便に、リロードを何度も繰り返し、根性で空席待3席取ることが出来ました

 

帰着日の新幹線は運休、もちろんJALも欠航でした


2時間ほどあたふたしておりましたが、電話の受付が21時まででしたのであきらめました

明日の朝一番(6時30分)で電話しなければなどと心配をしながら、荒れ狂う津軽海峡を眺めながら温泉に浸かりました

 部屋に戻り、にぎりめしにしてもらった残りのご飯を食べながらANAアプリをチェックすると、

なんと先ほどようやく入ったばかりの空席待が、

3席すべて予約済で取れていました

明日の羽田行のANAの最終便です

あわてて座席指定を行うと、前方の普通席がなぜか3席だけ並んで空いていました

プレミアムクラスの設定がない機材に変更になったようです

狐につままれたとはまさにこのことです

プレミアムクラスからの振替を意識してくれたのでしょうか???

ブロンズメンバー特典の「空席待ちの優先」だったのでしょうか???

f:id:mile_stone:20171008141807j:plain

 

これでひとまず安心は安心なのですが、明日、

この便が飛んでくれる補償はまったくありません

この時点で翌々日の始発便のキャンセル待ちを入れておきました

 

翌日は未明から風雨の激しさが増しすぐ近くを台風が通過していきました

 

旅館のチェックアウト時間が来たので暴風雨の中レンタカーに乗込みました

 

昼食をラッキーピエロという名物ハンバーガー屋さんで取ろうとしましたが、

行ってみるともぬけのから、20数店舗あるすべてが台風のため休業とのことでした

 

狭い函館の街を車でうろうろしているうちに台風は通過したのか、雨は止み、青空も見えてきました

f:id:mile_stone:20171008141655j:plain

最終便までまだ半日あるので強風の吹き荒れる中、大沼公園までドライブし、遅い昼食をとり、また函館の観光名所を巡ったりして、夕方を待ちました

 

17時に函館空港近くのレンタカー屋で車を返し、空港で飛ぶか飛ばないかわからない飛行機を待つことにしました

元の予約はプレミアムクラスでしたが、函館空港には航空会社のラウンジはありませんので、カードラウンジ「A-Spring」を利用しました

 

18時に待ちに待ったチェックインを受付けるという放送を聞くことが出来ました

チェックインカウンターに向かい、プレミアムクラスと普通席の差額の3人分を戻す手続きを行いました

 

そして、その日に家族全員無事帰宅することが出来ました

 


ここでおなじみ「ANA VISA ゴールドカード」の登場です

f:id:mile_stone:20170410061853p:plain

利用付帯ですが、

出航遅延・欠航 ・搭乗不能費用が一回の遅延の限度額1万円まで補償して貰えます

 

●搭乗予定の航空便 について、次のいずれかの事由が生じ、出航予定時刻から4時間以内に代替となる航空便に搭乗できなかった場合

 

●4時間以上の出航遅延


●欠航・運休


●搭乗予約受付業務のかしによる 搭乗不能出航地において代替便が利用可能と なるまでの間に被保険者が実際に負担した食事代


●ホテル等の客室料はお支払い 象となりません

 

小生の場合は14:25出航便が欠航となり、19:30出航便に振替たため5時間以上の遅延となりますので補償の対象となります

 

さっそくANA VISA ゴールドカードの利用手引にあるように三井住友海上に電話で連絡してみました


その5日後に保険金請求の書類一式が郵送で到着しました

記入する書類のは3つでした

 

1.傷害保険請求書

 

2.国内旅行傷害沽券保険金請求書 別紙

 

3.国内航空便遅延費用請求明細書


こちらが用意する書類は以下の4点

 

1.搭乗予定であった航空便の料金を当該カードで支払ったことが確認できる書類
   VISAのインターネットサービス「Vpass」のデータをプリントアウトしました

 

2.航空会社発行の欠航または遅延証明書
        ANAのホームページのトップ画面から、証明書発行(欠航・遅延)をクリックし,

        欠航便の日付、便名 を入力しプリントアウトしました

 

3.代替便の航空券半券または搭乗券、搭乗証明書のいづれか
        保安検査証を添付しました

 

4.出航地において、代替便が利用可能となるまでに被保険者が実際に負担した食事代金の領収書または清算書の原本
        領収書は貰っていなかったので、レシートやお客様控えに明細を手書きして添付しました


後は送られた書類に必要事項を記入し、こちらが用意した書類を添付して返送するだけです

 

書類到着の翌日投函し、4日後に記入した口座に振込まれていましたので初動から10日で完了たことになります

 

空港に戻る前に立ち寄った函館の有名店「一文字」のラーメン、空港のコンビニで買ったビールやハイボール、ジュース、アイスクリーム、おつまみなど飲食代が7千円ほどになります

 

陸マイラー、ANA空マイラーにとってはおなじみの「ANA VISA ゴールドカード」のいつもと違うご利益に預かった空旅でした

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

ANAプレミアムポイントキャンペーン~対象者限定

f:id:mile_stone:20171001062941j:plain

 

11月1日~12月31日にANAで飛ぶと国際線10%、国内線5%のボーナスプレミアムポイントがプラスされる様です

 

プレミアムポイントとは|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

 

f:id:mile_stone:20171001063015j:plain

 

対象者限定だそうですので、ANAのwebのトップページ⇒マイメニュー⇒マイキャンペーンに進むと確認できます

 

f:id:mile_stone:20171001062846j:plain


キャンペーンの最後の方に気になる文章もありましたので念のため

 

f:id:mile_stone:20171001065259j:plain

 

※本キャンペーンのボーナスプレミアムポイントで各ステイタスに必要なプレミアムポイントに到達された場合、プレミアムメンバー事前サービスは対象外となります

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

JALラウンジの利用で嬉しかったこと~JAL-JGC

小生、週末を利用しての羽田空港那覇空港を単純往復(OKAタッチ)にてJAL-JGC修業中の身であります

 

f:id:mile_stone:20170924173102j:plain

那覇空港でのJALスタッフさんのお見送り♪

 

この週末、ちょっと嬉しい体験をしてきました

 

毎度のことですが、小生の勉強不足が起因しております(´∀`?)

 

小生のJGC修行は5万FOPを目指しておりますので、羽田-那覇は全て特便割引(特割)21で予約しております

また、往復どちらかでファーストクラスが取れた場合のみ発券するようにしております

f:id:mile_stone:20170924173235j:plain

9月機内食のテーマは秋田県でした

 

今回は日帰りで往路クラスJ復路ファーストクラスでした

 

羽田空港の国内線JALラウンジは、及びウイングごとにダイアモンド(最上級者用)サクラ(上級者用)の計4つがあります

北も南も利用者は、受付にあるカードリーダーに搭乗券やICカード等をタッチし保持するステータスを読み取らせ、その画面によってダイアとサクラの各ラウンジに振分けられていきます

 

北ウイングのラウンジの方が広く、JAL機も良く見えるので、小生は搭乗口の近い遠いは抜きにして北を利用しています

(北、南のラウンジは徒歩で4~5分ほどの距離です)

 

JALマイレージバンク - ラウンジご利用方法

 

 羽田のJALサクララウンジは「りそなJALデビットカード」のオプションで小生は搭乗クラスに関係なく利用が可能となっております

 

往きはクラスJでしたので、サクララウンジで軽い中食とビールのおつまみにするため(サクラにはショボい柿の種しか食べ物はありませんので)出発ロビーにある木村屋でカレーパン購入、「サクラ」に向かおうとしました

 

ところがラウンジ入口のカードリーダーに「ダイアモンド」と表示されました

 

「ええっ、WHY?」 受付嬢に尋ねてみると

 

「同一日に連続した2区間において、1区間ファーストクラスでの利用があれば、他のフライトも相当するJALラウンジが利用できる」とのことでした

 

ということは同一日で往路がファーストクラスであれば、複路は普通席でも那覇サクララウンジが利用できるということですね(新発見!)

 

f:id:mile_stone:20170924173146j:plain

羽田のダイアモンドラウンジには、サクラには無いおにぎりやパン、みそ汁にスープがあります

お昼時(11:30~)には焼き立てカレーパンも饗されます

さらにサクラと比較すると、ウイスキーはローヤルからマッカラン12へ、ビールはプレミアプタイプに、紙おしぼりは蒸しタオルにそれぞれレベルが上がっています (これらは北も南も同様です)

 

 

この日は木村屋のカレーパンを既に購入していたので、カレーパンがダブっていましたが、木村屋のパンは機内で美味しく頂きました

 

また一つ勉強になったOKAタッチ修行でありました

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

修行僧は入れたくないのかなぁ JALラウンジキャンペーン JAL-JGC修行

小生、6月にSFC修行がブロンズとなり、ANAの次回搭乗まで少し間が空きましたので、

8月から、もっぱら週末にJALの羽田~沖縄線、特割21のファーストクラス及びクラスJを利用してのJGC修業の真っ最中の身であります

 

airmile.hatenablog.com

 

都合の良いことにJALではラウンジキャンペーンというのをやっています

 

「このキャンペーンをクリアしてラウンジ使って快適修業をやるぞ!」

 

当初、小生が思っていたのは、「当月に5回(または5000FOP)乗ったら翌月15日からサクララウンジが利用できるというキャンペーン、他にも3回(3000FOP)、10回(10000FOP)がある」でした ↓↓

JAL国内線 今年も3回から!! 2017年 3回乗ったら翌月15日から! ラウンジキャンペーン - JALマイレージバンク

 

 f:id:mile_stone:20170916153615j:plain

写真は羽田国内線北サクララウンジ (20178月7日)

※「りそなJALスマートカード」のオプション特典で初めて入った時に撮影しました

 

しかし、JALラウンジキャンペーンには大きな落とし穴が存在していたのでした
それは小生がキャンペーンの内容を熟読していなかったことに起因するのですが・・・
 


キャンペーン内容

 

キャンペーンに参加登録のうえ、各月のキャンペーン搭乗期間中、対象路線に対象運賃でご搭乗され、
下記の搭乗回数またはFLY ON ポイントを達成すると、国内線の各ラウンジを本キャンペーンのラウンジ利用期間中にご利用いただけます。

 

利用可能ラウンジと達成条件

 

羽田空港国内線サクララウンジのご利用
各月3回以上または3,000FLY ONポイント以上のご搭乗


サクララウンジ、中部・青森・岡山・宮崎各空港ラウンジのご利用
各月5回以上または5,000FLY ON ポイント以上のご搭乗


羽田空港ダイヤモンド・プレミア ラウンジのご利用
各月10回以上または10,000FLY ON ポイント以上のご搭乗

https://www.jal.co.jp/121campaign/lounge/2017/check.html


再度、上記リンクを見て頂くとお分かりかと思いますが、
あまりと目立たない位置に対象運賃という4文字が書かれています


そして、


本キャンペーンのご搭乗実績の対象となる運賃


JALグループ国内線 大人普通運賃、往復割引、シャトル往復割引JALビジネスきっぷ、eビジネス6、身体障がい者割引、介護帰省割引、特便割引1、特便割引3
※上記以外の運賃は対象外となります。


ということで、多くの修行僧が利用しているであろう割引率の大きい、株主割引、特便割引7、特便割引21、先得割引、スーパー先得、ウルトラ先得は含まれていないのでした


回数修行僧の方は先得で予約するでしょうし、

FOP修行の小生は効率良くFOPを貯められる特便割引(特割)21にて全て予約しております

 

高額な往復割引、シャトル往復割引JALビジネスきっぷ、eビジネスは当然、対象運賃です

ということは、JALサクララウンジは、ビジネス客はウエルカム

修行僧はアンウエルカムなのかなと感じる次第であります

 

f:id:mile_stone:20170916172230j:plain

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

JAL-JGC修行 初回搭乗で1000FOPを頂きました

JAL-JGC修行を行うにあたり「りそなJALスマート口座」を開設しました

口座開設特典でJALのFLY ON POINT(FOP)が1000ポイントプレゼントされました

8月7日の初搭乗分が20日に反映されていました

JALマイレージバンク - FLY ON プログラムとは

 

f:id:mile_stone:20170822220343j:plain


この「りそなJALスマート口座」で発行されるカードは、いわゆるデビットカードで残高の範囲内が決済限度額となります

15歳以上でありば無審査で利用できます

年会費は初年度無料で1000円ですが年1回以上の利用があれば年会費は0円になります

また200円につきJALマイルが貯まります

 

無駄なコストを掛けずに1000FOPを頂けますのでとてもお得だと思います

オプションサービスを申込むと羽田空港JALサクララウンジを利用することもできます

詳しくは↓↓

www.resonabank.co.jp


紹介キャンペーンやっていますので興味のある方は覗いてみてください

入力フォームに紹介者番号を入れて頂くと750マイルのプレゼントがあります

2017年8月30日で終了しました

www.resonabank.co.jp

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

那覇空港まで15分、搭乗まで3時間空いたら、瀬長島リゾートがおすすめです

那覇空港ANA-SFCJAL-JGC修行には欠かせない空港かと思います
 

f:id:mile_stone:20170811170402j:plain

小生は5月に2回、6月に2回訪れ、8月にも2回の滞在を予定しております
 
とんぼ返りのOKAタッチでは到着から搭乗まで2時間まででしたら空港ビル内やラウンジなどで英気を養うことができます
 
しかし3時間以上時間が空いてしまうと、
かりゆしモノレールに乗り那覇観光や牧志公設市場で食事などにでかけます

f:id:mile_stone:20170811170554j:plain

国際通りや市場の散策は毎回新しい発見もあり楽しみのひとつです
 
 ですが今回、
建設中の第二滑走路(2020年3月完成予定)のすぐ脇にある瀬長島に行って来ました

f:id:mile_stone:20170811170820j:plain

すぐ近くの沖に工事中の那覇空港第2滑走路が見えます

 

瀬長島は空港から車で15~20分ほどにあり、滑走路や施設が見えます

f:id:mile_stone:20170811174447j:plain

 

 

ホテル温泉レストランショップマリンスポーツが楽しめる施設があります

f:id:mile_stone:20170811170716j:plain

 

島といっても陸続きでした

f:id:mile_stone:20170811174643j:plain

 

瀬長島ホテルはこじんまりとしていますが、

オーシャンビューのプールもあり第2滑走路の完成後はきっと特等席になることでしょう

f:id:mile_stone:20170811171820j:plain

 

とても景色の良い所で、那覇空港の飛行機の離発着の様子も見ることができます
特に戦闘機が離陸するときは爆音とともに急上昇していく様は圧巻でした

f:id:mile_stone:20170811171105j:plain

 

ウミカジテラスは小さなレストランやショップが40ほど集まっていて、

まさにリゾートって感じでした

f:id:mile_stone:20170811174241j:plain

 

日帰り温泉「龍神の湯」は大小のタオルが付いていますので、手ぶらで入浴できます

f:id:mile_stone:20170811171207j:plain

~龍神の湯の広告より~

 

アクセスは空港の隣駅赤嶺駅」から「瀬長島ホテル」まで無料シャトルバスが出ています

f:id:mile_stone:20170811172210j:plain

~空港からひとつ目、赤嶺駅
帰りは「瀬長島ホテル」から「赤嶺駅」経由で那覇空港まで送り届けてくれます
このシャトルバスは瀬長島の宿泊客、観光客、従業員など混載して30~75分に1本出ています
f:id:mile_stone:20170811171427j:plain
小生が利用した時は往きは少し渋滞があったものの、赤嶺駅から12分、帰りは空港まで17分ほどでした
夕方はもう少し時間はかかるとのことでした

f:id:mile_stone:20170811171554p:plain

那覇空港赤嶺駅のかりゆしレールの運賃は230円です

この230円で結構リゾート気分が満喫することができます

 

但し、瀬長島には路線バスはありませんので、

シャトルバスの時刻表には十分お気を付けください

 
 
 

f:id:mile_stone:20170811171922j:plain

ウミカジテラスでオープンしたての三線のお店「にふぇ~堂」の前のテラス

とても綺麗な師匠さんが優しく笑顔でお相手してくれました

 

 

小生はホテルとウミカジテラス、海岸の散策と温泉で島の滞在はピッタリ2時間でしたが、それで十分楽しめ、かつ癒されました

瀬長島リゾートはおすすめのスポットです

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ANAを売ってJALで飛ぶ ~日本航空の上級会員を目指します~JGC修行 

初めてのJAL国内線ファーストクラスは特等席でした (´ω`*)f:id:mile_stone:20170809043516j:plain

 
 
小生は2017年11月にSFC全日空の上級会員、ANAスーパーフライヤーズ)申請(解脱)予定ですが、
このたび、これに並行してJGC(日本航空の上級会員向けサービス~JALグローバルクラブ~)を目指すこと(修行)となりました
 

JALの魅力のひとつはクラスJにあると思います
クラスJとはJAL国内線にある座席クラスで、
座席間の前後間隔が普通席より18センチ広く足を伸ばして座ることができ、
ひじ掛けも大いので隣があまり気になりません
また機内前方ですので到着後は早く降りることができます
これが普通席にプラス1000円で利用できます ↓↓

f:id:mile_stone:20170809063201j:plain

 
ANASFC解脱後のことを考えると、国内線の高額なプレミアムクラスには乗る機会はめったに訪れないと思います
エコノミーの狭いシートで我慢の空路となりそうです
 
JALJGCを手に入れればクラスJで安くてゆったりシートでストレスの少ない旅行が出来そうです
 
ということで、7月に羽田-沖縄を発券し、JAL-JGC修行を始めました
 

f:id:mile_stone:20170809183133j:plain

50日ぶりの那覇空港は快晴で迎えてくれました
 

JAL-JGC修行の準備として行ったことを記しておきます
 
 
1.JALカードの申請(3か月前に多重発行で審査落ちしていますのでビクビクものでした)
 
 JGCに移行できる年会費の一番安いCLUB-A CARDJCBで年10800円)を、ポイントサイト経由で申請、約2週間で手元に届きました
f:id:mile_stone:20170809071324p:plain
JCBにしたのはディズニーランドで家族が使用できるようにと考えました
(ディズニーシーには予約制のJAL上級会員ラウンジがあるそうです)
 
10800円の年会費は高いと思いましたが、初回搭乗で5000フライオンポイント(FOP)と5000マイルを貰えますので年会費を払ってもお釣りがたくさん来ます
 
JGCはこのFOPを50000ポイント以上貯めると申請出来ます

 


2.修行資金の確保
 
この3月にANA-SFC修行の決意を固めるために、33万円ほどで買ったANA株価が上昇しているのでこれを原資としました
8月9日時点で40万円、差益が7万円も出ているので本当にありがたいことです

f:id:mile_stone:20170809071047j:plain

 

 

3.りそなJALスマートカードの申請 (初年度無料、年一回以上の利用で以降無料
 
 
f:id:mile_stone:20170809072127j:plain
プリペイドカードで、条件を満たすと1000FOPの獲得と羽田空港JAL「さくらラウンジ」が同伴者1名と利用できます
 
紹介キャンペーンやっています
入力フォームに紹介者番号を入れて頂くと750マイルのプレゼントがあります
2017年8月30日で終了しています
 羽田JALサクララウンジです ANAラウンジより広い感じがします

f:id:mile_stone:20170809072624j:plain

小生が利用したときはスキスキガラガラでした


4.デルタスカイマイル・アメックスゴールドカード(年会費28080円)の申請
 

f:id:mile_stone:20170616190354j:plain

 

このカードでデルタ航空のプレミアムメンバー、ゴールドメダリオンになりました
 

f:id:mile_stone:20170809180945p:plain

申請から1週間でアプリ「Fly Delta」上で平会員から上級会員となりました
 
これで「ニッポン500マイルキャンペーン」の上限が5000マイルから20000マイルに上がりました
 
このアプリのステータス画面を使いユナイテッド航空のステータスマッチ制度を利用し、スターアライアンスのゴールドメンバーにもなりました

f:id:mile_stone:20170809181135p:plain

 
 ANAラウンジの利用、保安検査場や搭乗時の優先など、スターアライアンスのゴールドサービスを90日の間、享受出来ます
まだ残っているANA-SFC修行に有効に活用させて頂きます
 
特別な準備は上記4つだけでした
 

あとは羽田-沖縄を今年中に8~9回、往復するだけです

今回の予約は羽田-沖縄のファーストクラス、クラスJに絞りました
 
特割21のファーストクラスで往復55000~70000円前後(FOPは5720P)
特割21のクラスJで往復40000~55000円前後(FOPは4144P)
ですのでFOP単価10円を目安に、週末の1日を使って1往復のとんぼ返り、
いわゆるOKAタッチでの修行を予定しています
 

f:id:mile_stone:20170809183326j:plain

ファーストクラスの食事です フライトにより和食もあります 焼酎「森伊蔵」も呑み放題です

JALには先割という割引の大きい料金設定もありますが、
FOPが少ないために飛ぶ回数が増えてしまいます
今のところは片道400FOPがプラスされる特割21にこだわって発券しています

JGCになるためには同じ年の1月1日から12月31日の間にJALグループの国内線に50回乗るか、50000FOPを得るかしなければなりません
 
短距離で低価格な路線がない羽田空港起点で考えると、50回の搭乗は非効率ですので、1回のフライトでFOPをより稼げる沖縄便に特化することにしました
 
JALカード&りそなJALスマート口座6000FOPゲットできますので残りは44000FOPです
 
なんとか12月までにJGCメンバーとなり、サクララウンジとクラスJで楽しむ空旅を満喫できたらと思います
 
なんだか飛行機道楽まっしぐらという感じになって来ました
こんなことで素敵な老後がやってくるのかとても心配です